前のページに戻るTOP ホーム > 新着情報 > SIHH(ジュネーブサロン)、WPHH、GTE新作レポート 2014年スーパーコピー時計
SIHH(ジュネーブサロン)、WPHH、GTE新作レポート 2014年スーパーコピー時計

 スーパーコピー時計を買うのはこちら:http://www.jpkopiof.com/

日本や米国など、経済低調時代の長いトンネルの先にようやく光明が見え始めた2014年。この現在のムードがジュネーブ新作時計展示会にどのように反映されるか? もちろん、開発に数年を要する新作に直接的な変化があるとは思えないが、世界のマーケットの反応が今年1年のみならずその先を予見するという意味でも、今回は重要な展示会になりそうである。
 まず筆頭となるSIHH(Salon International Haute Horlogerie=国際高級時計展示会)は、1月20日から24日までの5日間、毎年の会場であるジュネーブ空港近接のPALEXPO(パレクスポ)にて開催。3万平方メートルに及ぶ会場に全16ブランドが集結し、昨年よりも500名程多い約1万3000人の来場者が見込まれている。
 まず気になるのは、昨年10月に自社ムーブメント搭載の新型ダイバーズウォッチを発表したカルティエの新展開。そして最近の傾向として、 2013年にIWCが打ち立てた「インヂュニア・コレクション」に見られる徹底したテーマ戦略や、A.ランゲ&ゾーネの超複雑時計「グラン ド・コンプリケーション」に代表されるトップモデルの追求などが挙げられるが、各社どんな戦略を打ち出してくるかに興味がある。また、昨年来 より注目しているテーマのひとつが「薄型時計時代の本格到来」である。この分野ではジャガー・ルクルトとピアジェが妍を競っているが、両者の 新作、そしてこれに対抗する新たな勢力の台頭に、大いに注目している。
 このほかフランク・ミュラー グループが主催するWPHH(The World Presentation of Haute Horlogerie)では、安定感あるフランク・ミュラーはともかく、フランク以外のブランドの情勢からは目が離せない。なお絶好調ぶりが伝えられるLVMH(MOËT HENNESSY.LOUIS VUITTON=モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ)だが、今回はタグ・ホイヤーの新作展示会は見送られたとのこと。来る3~4月のバーゼルワールドで満を持した超大型新作を控えているための深謀ゆえか、これも気になる動向である。

 カルティエ(Cartier) A.ランゲ&ゾーネ(A.LANGE & SOHNE)

スーパーコピーカルティエ(Cartier)   スーパーコピーA.ランゲ&ゾーネ(A.LANGE & SOHNE)

 [jpkopiof]はスーパーコピーブランド販売専門店、精巧に作られたの各種財布とバッグとジュエリー、スーパーコピー(N級品)2014新作、品質保証!