前のページに戻るTOP ホーム > 腕時計のムーブメント、防水機能
ムーブメント
 
機械式時計について
機械式時計とは巻き上げたゼンマイを動力として動作する時計の事で、複雑に組み込まれた機械が時間を刻みます。
機械式時計はクォーツに比べ精度は劣りますが、時計の組み立てには熟練した技術者の技が必要になるため、人件費やコストが大きくかかります。 しかし、その熟練した職人の手間隙が、クォーツ時計にはない高級感を醸し出します。
 
手巻き
手巻きの時計は機械内部のゼンマイをリューズを使用して手動で巻き上げる事によって駆動力を得ています。この為、ご使用にあたっては必ずゼンマイを巻いていただく必要があります。
手巻き式時計は手間が掛かる為、高級時計として位置づけられています。
●手巻式時計を正しくご使用いただくために●
ゼンマイの巻き上げにはリューズを巻き上げ方向(通常12時方向)に20~30回ほど、ゆっくりと行ってください。手巻の時計には必ず「巻き上がり・巻き止まり」と言われるゼンマイの巻き終わりがあり、それ以上巻いてしまうとゼンマイが切れてしまいますのでご注意下さい。(ゼンマイ切れにつきましては、お客様の不注意と判断されますので、保証期間内であっても有償修理となりますことをご了承くださいませ。)通常のモデルであれば「巻き上がり・巻き止まり」まで巻いて約35時間前後駆動しますので、一日一回を目安に巻いていただく事をお勧めいたします。
 
自動巻き(オートマティック)
自動巻時計は、内蔵されたローターという円盤状の部品が、装着時の腕の動きで回転し、ゼンマイを自動で巻き上げる機構を持っています。したがって、腕の動きの少ない場合やご使用方法によってはゼンマイの巻上げ不足が生じ、時計を駆動させるための十分な動力が得られず停止したり、精度が乱れたりする場合があります。
●自動巻式時計を正しくご使用いただくために●
安定した駆動力を機械部分に伝達するためには、一日最低8~10時間、腕にはめた状態でご使用下さい。特に、お買い上げの直後や、一度停止した後にご使用いただく場合は、必ずリューズを巻き上げ方向(通常12時方向)に20~30回ほどゆっくりとゼンマイを巻き上げてからご使用下さい。また、自動巻時計のゼンマイには、巻き上げすぎによるゼンマイ切れを防止するために”スリップ機構”が搭載されており、無制限に巻き上げることが出来ますが、20~30回を目安に巻き上げて下さい。
 

クォーツ(電池式)
クォーツの時計は、ゼンマイの動力を使わず、電池の動力によって動作します。時計に搭載された水晶に電気を通す事によって正確なリズムを刻む振動を作り出し時を刻みます。機械式時計より高い精度を保てます。

●クォーツ式時計を正しくご使用いただくために●
ご購入時の時計には、性能・機能をチェックするために工場出荷時に”モニター電池”が組み込まれている為、1年に満たないうちに電池の寿命が切れてしまう場合がございます。電池の寿命が近づくと、急に遅れが目立ったり、止まってしまいます。
また。機械式時計のような定期的なオーバーホール(分解清掃)は必要ありませんが電池切れ長期間放置しますと、機械にトラブルが生じ故障の原因になりますので、速やかに電池交換されることをお奨めいたします。
ジャックロードでは保証期間内の電池切れによる電池交換は無償にて行っておりますので、保証書を添えて店頭までお持ちいただくか、ご送付してくださいませ。
※店頭での電池交換は行っておりませんので、お預かりから1週間程度(時計によって異なります)のお時間をいただきます。

 
防水機能
 
時計の防水機能について
通常、腕時計は非防水であることがベースとなります。「生活防水」の機能がついているだけでも「特殊な」時計となります事をまずご理解下さい。この為、ダイバーズウォッチ以外は出来るだけ水気に関してはお気をつけ頂く事をお薦めいたします。

時計の防水機能は大きく3つに分けられます。
非防水 防水処理が全く施されていない時計です。
水気のあるところに時計を近づけない注意が必要です。
また、アンティークウォッチに関しましては、特に表記がない場合は非防水となりますのでご注意下さい。
日常生活防水
[3気圧/5気圧防水]
「WATER REGISTANT」「30M」「3ATM」「3BAR」などと表記されます。実際の防水性能は「30mの水圧に耐えられる」というもので「30m潜れる」という内容のものではありません。
手洗い、洗顔時、雨など飛沫が掛かる程度の防水機能はあるという事になります。
防水 【10気圧防水】
100M防水とも言われます。表記は「100M」「10ATM」「10BAR」となっております。これも「100mの水圧に耐えられる」という意味であり 「100m潜れる」という意味ではございませんのでご注意下さい。実際の使用では「水が掛かっても、あるいは水に浸かっても大丈夫」程度です。波を受ける 可能性のある海や、プールでの水泳時の水圧に耐えられるだけの防水性能はございません。
【20気圧以上防水】
この性能を備えているものが「ダイバーズウォッチ」と呼ばれるものとなります。海またはプールでのご使用も問題ありませんが、高圧のシャワーや飛び込みな ど極端に圧力のかかる場合には耐えられない事がございますので注意が必要です。また、温泉など熱いお湯については水圧に限らず温度で内部の油が損傷してし まいますので、お避け下さい。
アンティークウォッチの防水性について 【アンティークウォッチの防水性】
アンティークのお品物に関しましては、製造時点(スペック通り)の防水性能を保証させていただくことはできません。防水モデルに関しての当店のチェック基 準はあくまでも「生活防水」とさせていただいております。通常のご使用であれば問題ございませんが、用途によりスペック通りの防水性能を必要とされる場合 には、メーカーでの防水検査をお受けいただいてからのご使用をお薦めいたします。ただしアンティークのお品物は経年変化により当時の防水性を維持すること が既に不可能なモデルもございますことを御了承ください。